相馬IGOBってフィーユと相性悪いのでは?

フィーユ使いのZ/X奮闘記

 
なにいってだこいつ
って感じですけどタイトル通りです☆
 
このデッキ、何度組んでもなかなか満足する出来にならない!
思考リフレッシュ&原因を解明するためにつらづらと書いていくよー
 
 
そも相馬IGOBって何すんの?ということでまとめてみました。↓
 
 

 

チャージのフィーユを1枚切って以下の効果から2つを解決。

①NSの相手ゼクス破壊
②トップからスリープでリソース追加
③1ドロー&全体+2000
 
展開できるIGOBよりは見劣りするけど、状況解決力が高めで汎用性が高い感じ!
出して終わりじゃ条件に見合ってないので他のカードと組み合わせる前提のIGOBだと思います。
 

そしてこの効果、それぞれが過去に登場したコンテストのテーマを踏襲したものになっているんです。粋な計らいっすねー
 
ただね、今回の問題の核はこの粋な計らいにあるんですよ…!
 
 
 
まずはIGOBのために追加された大車輪フィーユを見ていきましょう。
 
 
 
登場時にリソースから4c以下を出すという効果ですね。
 
ここから読み取れるに、相馬IGOBで面を開けて大車輪フィーユで小型を展開し、相馬IGOBのパワーアップ効果でビートしていくデザインだと思います。
 
つまり相馬IGOBは低コスビート向けの効果なんですよ!
 
…それっておかしくね?
 
 
 

 

 
だって既存のフィーユデッキといえば6cのパッションフィーユ、7cの喝采フィーユや8c樹海フィーユがメインになるガチガチの高コストビートですよ。
 
噛み合わなくて当然!もにょるわけだ!
 
 
この2つを組み合わせたデッキを組んだことがあります。
IGOBやるなら種族単がまずハズレないだろうと組んだライカンフィーユですね。
 

 

結果はチアスクワールやフィーユで誓いが捲れリソブは逃し、誓いはボトムへ…
なんだかなーと思って構築を見直すべく相馬IGOBの役割を確認してみました。
 
(=゚ω゚)「パワーアップ…相手の除去…手札補強か…」
 
 
 
(=゚ω゚)「…全部タイガーで出来るやん?」
 
 
 
抜きました☆
 
 
 
本来なら丸い種族単なんすけどライカンは仲間意識が高いみたいで事故要因になってしまいましたね。
 
そも相馬IGOB出せるタイミングってライカンならリソースが潤沢な時なんで出す意味合いが薄いです。
菖蒲IGOBならより軽い条件で同じだけリソブできるんだぜ?
 
 
まとめ!
名称で組むならリソースが伸びているからIGOBに頼らなくて良いし、決めても苦労の割にシナジーが薄い!
 
ファッティとウィニーを混ぜてるので仕方がないっちゃ仕方ない。おじいちゃんと小学生混ぜてサッカーチーム組むようなものだし…しかし納得できないぞ。
 
 
そこで考えたのが黒を使ってフィーユ名称を無理やりチャージに送ろうという構築だ!
 
以前上げたこともあるけど真夜中の逃走劇と七大罪ルクスリアを使った緑黒デッキっすねー
この構築は色々な問題を解消してました。
 
 
大車輪フィーユから出したレモンバーム経由で相馬リンクを置くことで相馬IGOBと高コストフィーユを繋げているのもポイント!
 
ただ3弾のルクスリアに7弾の逃走劇が軸でコンボ色が強すぎるということもあり、環境に着いて行くには難しくなってきたなーと。
 
 
それでですね、大車輪フィーユに着目した構築もいくつか考えてました。
 
 

 

大車輪キラットをガネットで破壊してキラット効果で大車輪を再展開したり、大車輪からタマ出して連続攻撃する構築を考えてみたり…
で、最終的にそれするなら汎用IGOBでいいよなぁってなった\(^o^)/
 
あと大車輪を意識すると4c以下のカードが増えすぎる〜
ウェイカーフィーユが出せない事が多いんですね。もにょりが過ぎる。
 
課題は山積みですね。
とりあえず現在考えてる構築ルールは
 
①IGOBと高コスフィーユは混ぜない
②チャージを能動的に作れるようにする
③相馬IGOBじゃないとダメな理由を作る
 
この3点です。
この条件を踏まえた俺たちの精一杯デッキが!
 
…来週くらいに遊々亭さんとこで上がると思います()
 
 
とにかく相馬IGOBは既存のフィーユとのシナジーが薄すぎるのじゃ…
27弾に自身4c以下で高コスフィーユを出せるようなフィーユ追加されてくれ頼む〜!