【フィーユレス・フィーユライカン】で遊ぼう

フィーユ使いのZ/X奮闘記

 

識者『フィーユメインの【コンボライカン】が【フィーユライカン】だから、

それはもう【コンボライカン】なのでは…?』

 

 

 

 

 

 

まぁトレンディな話題に乗ってみた感じです()

ちびドラ出ましたね!今回の目玉はやはりホーリースカイでしょうか。

初手から上振れるカードで、このカードの存在だけで先行を渡したくないというくらい影響力のあるカードだと思います。やっぱ試行回数なんすねぇ

 

で、ライカンを調整していたらタイトル通り【フィーユレス・フィーユライカン】という発想に行き着いたわけですよ。

【コンボライカン】はワラビーとタイガーが主役で、入るフィーユはパッションサポートとSBフィーユだけでした。

この2種を抜いてですね…新しい構築が生まれるわけです。

 

 

採用するのはこの2枚!そう、クシュルPなんすね。

IGノーブルはIGアイヴィーのおかげで安定度が増してかなり使いやすくなりました。

これらの共通点として、初手からリソースを降らせるってのがあるんですよ。となれば…もうやることは決まってますよね?

 

1ターン目から水着ジャガーを発動させようぜ!!

 

初手からホーリースカイの上振れがあるならこっちもしたれの発想()

ウェイカーのテオゴニアスやノーブルからも発動できるので親和性は高し!

 

 

この構築にする動機は、でじこ誓いと仲良しショッピングをフルに積む場合でしょうか。

パッションサポートの不発率が高くなって諦めるなら、ライカン固めにする理由が薄くなるからね!

 

“SBフィーユで欲しいイベントを拾える旨味” vs “初手ヴァインドラゴンズで水着ジャガーが降ってくる旨味”

ここで右に傾いたら組んでいいと思います。動作確認は良好だったのでいつか実践に持ち込むかもしれません。

 

(フィーユ使いを名乗っておきながらフィーユを捨てるとは)はじをしれー!しれものめー!

毎回使いたくなるIGR剃ってくるのズルいと思うの。